Re.Ra.Ku(りらく)

リラク

りらくは肩甲骨ストレッチのパイオニアです。

Re.Ra.Ku(りらく)は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心に180店舗以上を展開するRe.Ra.Ku(株式会社リラク)。
店舗規模は関東圏最大規模で、最近では首都圏においては、どこに行っても目に止まるようになりましたね。(2016年8月時点)

リラクゼーション業界では、完全出来高制の業務委託報酬制度を90%以上の企業が採用していますが、Re.Ra.Ku(株式会社リラク)では、アルバイト・契約社員・正社員という形で人材を「雇用」し、雇用保険・社会保険を適用している珍しいチェーン店の一つになります。

完全出来高制の業務委託報酬制度を採用しているリラクゼーションサロンの場合、ブラック企業と呼べれる場合も多い中ですが、雇用保険・社会保険を適用させて、残業申請があれば残業代も支給する制度を採っているため、ホワイトにリラクゼーションチェーン店を経営していると言えるのではないでしょうか。

Re.Ra.Ku(りらく)は首や肩こりで悩むOLや主婦の方を対象に、肩甲骨ストレッチという独自の手技で悩みを緩和するアプローチをしているのが特徴的なサロンです。

肩甲骨ストレッチは、筋肉のハリをほぐしながら「ストレッチ」で伸ばし、Re.Ra.Ku(リラク)独自の技術である「ストレッチ×ボディケア」で、筋肉に負担をかけず、柔らかくすることで、身体がしなやかになります。筋肉の質そのものを変え、関節の可動域を広くすることで、肩のはりやこりを和らげるアプローチをしています。

Re.Ra.Ku(りらく)の詳細

スクール費用が無料 リラクカレッジ

整体師やリラクゼーションセラピストになろうと思ったら、まずは資格を…と考える方も多いと思います。
しかしながら、リラクでは、スクール費用が全て無料になっています。ただし、事前に面接を合格した方のみが「無料」の対象となっており、教材費8382円+制服代別8424円(女性7560円)のみがかかります。
面接にチャレンジするのは「タダ」なので、チャレンジしてみる価値はありそうですね。

ちなみに..リラクゼーションや整体の未経験者が8割で、過去には3,000人以上のリラクゼーションセラピストを輩出しているようですが、その秘密はスクール費を無料で開講しているところにありそうですね。

技術としては、ボディケア、フットケア(リフレクソロジー)、アイケア・ヘッドケア・バウエルケア等、様々学べるようです。
さらにビックリしたのは、研修中は、給与が無くて大変という状態にならないようにするためか。スクール受講給付金が支給されて、その額も約6.5万円が支払われるようです。
スクールも2〜3週間で卒業できるようなので、中々良く出来たシステムですね。

Re.Ra.Ku(りらく)の詳細

TOPへ